FC2ブログ
2012.02.23 赤い
近所の鳥居相棒は出張続きでこのところほとんどいないし、会社も都合で社長が外出しっぱなしなので一人の時間がほとんどだ。仕事もメールとfaxで済むことが多く電話で喋ることも少ない。で、最近一番よく喋る相手は誰? と思うと新しい守衛のおぢさんだった。
朝ドラにはまりきったおぢさんはちょっと変わってる。「ちょっとあんた今朝のおもしろかったなあ、もうあの子どうなってんのぅ」っておばさんみたいな喋り方のおぢさん。ほんまに警備会社の人け?ピラカンサなんかあったとき大丈夫なんかなあ~っと危惧はあるが、人柄がいいのですぐに人気者になった。ちょっと前に「あんたうちとおんなし匂いがするわ」とか言われた。どういう意味や…。人当たりはええけど、結局ひと
りで我が道を行くタイプやろって、ほっとけ、おばはんおっさん!
蕃茄でまあ、ふたりで「カーネーション」の話をよくする。次女の直子がコシノジュンコがモデルってことは専門学校の友人のあの訛ってるげんたって高田賢三なんやろなあ、背の高いのはピンクハウスの金子功みたいやなあ、そう思って見ると、ちょっと嬉しいな。直子役はええけど、長女の優子は無理があるな。年齢も演技も…。ほっしゃん(北村)ははまりすぎて恐いわ…。けど、糸子はあれやな、子供の頃は勘助、学生以後は奈津、今は北村、と友人といえば喧嘩相手という形になる。そういうつきあいしかでけへんちゅうか…。まあな。そういう相手がいてるっちゅうことがええわな。あの切ない不倫はどっかに飛んでいってしもたな。なんや最後糸子役は夏木マリに替わるとか、ちょっと残念やな、とかね。 
ほんでも、テレビとおんなしくらいおぢさんはおもろいけどな(^_^;)
スポンサーサイト



2012.02.14 バレンタイン
向き違いチョコチョコバレンタインのチョコを!へ~っチロルチョコ発売50周年か~そういえば子供のときからずーっとあったなあ、とか、発売元はへ~っチロルチョコ株式会社なのか、つまりこれひとつで50年かぁすごーい、とか、わりあい発見のある写真だった。こういう小ネタが好きなんだな。たとえばアンパンマンのあの顔の中味はこしあんか粒あんか知ってます? ふふ、粒あんですぅ、とかいうやつね。だからどうってことないんだけどね。
チロル50周年柴田小夜子さんが亡くなって、以来ずっと何だか頼りない心持ちで、ちょうど吉沢さんが喪失感、虚脱状態と表現されていたが、そんな感じ。 続けて追悼文とかそれ系の原稿ばっかり書いていて、書いている間は何とか気持ちが立つんだけど、書き終えると悲しさが増すというか、書いても書き足りなかったり、的確に書けてないだろうとちょっと嫌悪感だったり…。一方で、柴田さんに見てもらえないんだったら気合い入れても甲斐がないなあと思っていたり。ぐい呑み柴田さんの追悼文を柴田さんが読まないのは当たり前なんだけど、その当たり前が空しいというか、そんな心持ちですわ(^_^;)
PS.丸山倫江さんちのおばあさん猫が召されたそうだ。丸ちゃん、淋しくなるけど元気出してね
2012.02.05 冬はおでん
おでん昼休みに大阪駅前を散歩していたら漫才コンビのロザンがロケをしていた。クイズ番組でお馴染みの宇治原くん、テレビで見るよりシャープでかっこいい! にこにこ顔のちっちゃい菅ちゃんの横で黙ってすっと立ってるのがちょっと冷たそうで、それが意外にええ感じ(^^)
クイズ番組では宇治原くんが出てるときが好き。すっと正解するのは気持ちいいし、答えられないときの悔しそうなのがまたいい。ほかのかしこいタレントとはクイズ番組における存在感に違いがある。
前にある番組でファミレスのメニューを人気順に暗記するっていうほとんど意味のないことに挑戦させられてた。ご丁寧なランチ「20位:森のきのこソースのミラノ風ハンバーグ・525cal/850円」みたいなのを100位から1位までつかえず発表してた…。単に頭がいいとか学校で習ったことを覚えてるとか応用が利くとか、そういう面以外の記憶術というか、なんか頭の箱の中への入れ方とその出し方に特殊な能力があるんじゃないかな~。
ところで興味深いのはこんなに頭が良くても漫才の台本は全部相方の菅ちゃんが書いてるっこと。宇治原くんは面白いことは書けないんだって。漫才師なのに面白いことが言えないって、どうよ。ま、これで漫才でも爆発的にオモシロかったら、不公平がすぎるわな…。やっぱ芸とか芸術はまた別なんやと、思いたいわな、こっちとしても…。とりあえず、ほしいあの記憶力 (^^;)