上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.15 長崎で呑む
谷河邸前石段この十段とビオラ連休に長崎に行った。長崎といえば谷河八千代さん。ありがたいことに佐世保の堤さんと長崎の榎園さんが谷河邸に案内してくれた。ほんとにお二人にはお世話になった。来月には100歳になる谷河さん。想像以上にお元気で迎えてくれた。長崎らしい坂のずーっと上にある家、しかも最後は石段を登らなければならない立地のところに何十年もたった一人で暮らしていらっしゃるのだ。
 吾が石段十段ばかりが難所にて降りねば何処へも行けぬ宿命
 一斉に顔を日に向け咲くビオラ百の命が鉢にひしめく  谷河八千代
手が震えるので、もう字が書けないので歌は代筆だというが、食事はちゃんと作っていらっしゃる。最近茶碗を割ったという失敗談を笑いながら明るく聞かせてくれた。この明るさが一人で暮らす源なのだろう。
100歳の祝金で広辞苑の電子辞書を買ったが説明書がまだ全部読めてないと言う。こういうのはまず使った方がいいですよと私が裏を開けて電池を入れていると、まずリセットボタンを押して次は…、と言ってくれる。説明書が頭に入っているのだ。意欲も頭もちっとも衰えていない。堤さんが谷河さんは僕らの希望だから、と。正に。
ここが原爆落下中心地 平和祈念像 浦上天主堂
長崎の段々 稲佐山から見る長崎 グラバー園より海を臨む
さて、その後は皆さんとお別れして、普通に長崎観光。ちょうど長崎くんちの日で観光客がいっぱい。グラバー園、大浦天主堂、オランダ坂、長崎の海、夜景、卓袱(しっぽく)料理、平和公園、浦上天主堂、原爆資料館、如己堂、中華街でチャンポン、出島と二日間しっかりと巡った。
とても印象深い長崎の旅であった。
大浦天主堂 長崎くんち 卓袱料理!

Secret

TrackBackURL
→http://utakoya.blog47.fc2.com/tb.php/265-873ad67a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。