上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.27 特別歌会
アルカディア市ヶ谷特別歌会懇親会メニュー青南の特別歌会で東京に行ってもうはや3週間。ブログの更新の余りに遅々として…。何でそんなに時間がないのかよくわからないが、やはりたんに時間の使い方が悪いのだろう。青南のブログの方に書いているうちに、こちらは忘れそうにもなってました。(^^;)
普門院伊藤左千夫の墓さて、東京にいるからにはなんとか行っておきたかった場所。伊藤左千夫の墓所である。特別歌会の宿舎の市ヶ谷から墓所の亀戸の普門院までは電車1本で行けるということがわかったので朝、食事の前に行ってみた。ケノクニの方3名とご一緒できたのも間違いなく亡き安原さんの計らいでしょうね。
この墓に関しては先頃私が担当した小市先生の歌にあります。
  家並(やなみ)迫るみ墓辺の土霜にゆるみ
  朱(あけ)からびたる鶏頭ひともと
ホテルの窓から墓碑の文字は中村不折である。これは富田さんに教えていただきました。
中村不折は当時の有名画家であり書家でした。「野菊の墓」の挿絵や題字も担当しています。正岡子規とともに新聞「日本」の記者であったという関係性があるのでしょうね。漱石や鴎外とも懇意であったようです、特異な文字ですよね。鴎外の墓碑銘も書いているらしい。「新宿中村屋」のあのあの文字を書いている。そう思ってみるとそういう字でしょ墓碑。その鴎外の墓は太宰治の墓の向かいにあるらしい。三鷹の禅林寺とか。いつかお参りしてみよう!
Secret

TrackBackURL
→http://utakoya.blog47.fc2.com/tb.php/283-4cf174cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。