上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.26 3月号の歌
八重の桜あっというまに4月の終りとなり、あまりの時の過ぎゆきの早さに驚愕しています。更新しない間のことをいろいろ割愛してご報告いたしますと、新しい職場で仕事をはじめ三カ月でやめるという次第になりました。多く語るということもなく、ただ駄目だったということで…。
その間梅も桜も菜の花も木蓮も、大好きな花の咲くことも散ることも見ずに終わりました。残念でなりません。とりあえず未掲載の3月号から。


「青南」3月号(第18巻第3号)掲載
◆作品1
低ぞらに漂ふ雲の切片を黄に染めし日の忽ち沒りぬ           清水 房雄
外に置く自転車に雨降りそそぎ何かあはれになりて見てゐる       清水  香
妻を診る医師若くして親切にまた丁寧に接し下さる           逸見喜久雄
苦瓜のつるにかすかに風いでて時の間させる夕べのひかり        豊田 純子
黒き雲切れてあかねの雲の見ゆ下には秩父の山脈            内田 一枝
片つけて広く寂しくなれる部屋手もとに残る父のそろばん        戸田 紀子
牡蠣筏浮く所にも鴨のゐて飛び立つ時にゆらゆらとする         河合婦美枝
霜にかがやく畑の麦は凍て土に張りつくままに冬を越すべし       尾形 冴子
プラスチックの食器にスプーン使ひゐる老健ホームの昼餉する音     海野 美里


◆南山集
肘川に架かる赤橋てのひらに軽くたたけば鋼鉄の音           今泉  操
湯上がりの髪に冷たく風通り聞いてないとか言った筈とか        小出美恵子
独り書く夜の静まり逡巡しやがて高揚してゆく指先           竹内 敬子
夫も子も忘年会の続く日々厨ごとより解放されて            谷生美砂子
普通にあれ普通であれといふ声す黄葉がちる日が寒くなる        堀江 厚一
思ひ来し程にはここも安からず語調やさしくさとされてゐる       三輪 昭園


◆作品2
やうやくに冷たき風の収まりてはうれんさうの中の草取る        村上 良三
昨夜よりの雪きしませて小学生走りゆくなり吐く息白く         矢森 妙子
夕暮れの空に写れる千切れ雲雲は動かず幾つも浮ぶ           三輪 武士
かへり花梢に一輪今朝はみる恋し人にまた会へるかも          井深 雅美
風のなき朝空青く澄みわたり鳶が鳴きつつ窓よぎりたり         西本すみ代
田の亀裂道路陥没のすさまじさ此処に原発がなくてよかった       上條 竹芳
遅れゆく夜明けを待てず星空を仰ぎてしめぢの小屋に入りゆく      倉科 悦男
一人寝て一人起きては一人食ふ一人住むには広すぎる家         桐山 五一
訪ふ人なき一日を雨に親しみて夕暮れ早き厨に立てり          小野 京子


◆作品3
寒き日に仕事休みて家籠る我にもできるシャツのアイロン        小川 英記
緑濃き樹々の匂ひの流れ来る部屋に独り居て寂しくてならぬ       山本名嘉子
汚染なき土ありがたく思ひつつ垣横に一筋チンゲン菜播く       鍜治元美代子
今まではそれでもよかった占領軍の押し付けといふ平和憲法       三枝 笑子
昼ながら小暗き部屋に茹でて赤き川蟹の絵を掲げてみたり        十河 滋子
夜風浴びホテルの灯りに包まれて歩む浜辺にわれを放てり        西川  操
老いたれど口に紅差し午前九時車を待ちて庭に立ちたり         橋本津多子
股関節病みゐる夫よハタハタの漁近づけば無口になりぬ         佐藤 昭子
沖縄からと除染作業の班長さん腰を屈めて丁寧に話す          菊地 幸子
良きことのありますやうに新しき五年日記を今日求めたり        伊藤 章子
柚子二つ浮べて浸る冬至の湯検査結果に転移なきとぞ          北見 法子
湯気のたつきぬかつぎ皿に盛り上げて眼鏡をはづし我は食ひたり     板橋 節子
珍しく手書きしてゐる娘の指をそっと見つめる久しく触れず       大塚 道子
冬枯れの庭に白玉椿咲き光残せり時雨の中に              成田久美子
ブックオフに売りし本代五百円大きな苺食卓に乗る           吉田美代子
若者が車椅子にてぐいぐいと坂登りゆくに見とれてをりぬ        吉町 博子
独り居の声出すこともなかりしと手すり伝ひに夜の階のぼりゆく     菊地 葉子

◆作品4
カタカナのドイツ語を見つつ遅れまいと老いも若きも第九を歌ふ     喜田恵津子
落葉除け樫の実集むと屈まれば蚊柱がまた顔にあつまる         告 紀代子

Secret

TrackBackURL
→http://utakoya.blog47.fc2.com/tb.php/311-9c3e4cad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。